1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. 話題の美白成分「トラネキサム酸」が肌に与える嬉しい効果とは?

話題の美白成分「トラネキサム酸」が肌に与える嬉しい効果とは?

DATE:
2016.06.23
CATEGORY:
SHARE:
Twitter
Facebook
LINE

加齢や紫外線の影響によるシミやそばかす、肝斑にお悩みの女性は数多くいます。

その他にも、摩擦やメイクの落とし残しによる色素沈着など、肌の美白に関する悩みは尽きないもの。

そんな悩みを抱える女性たちの間で、美白に効果的な成分として話題になっている「トラネキサム酸」。

内服と外用のどちらも効果的だとされており、有名な美白成分のひとつです。

今回は、トラネキサム酸が肌にもたらす効果や、使用上の注意点などについて肌悩み相談室編集部よりお話します。

 

0623_01

 

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、シミなどの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

肌が紫外線を浴びると、メラニンをつくりだす「メラノサイト」と呼ばれる細胞から、メラニンの生成を命ずる指示が出されます。

トラネキサム酸は、その情報伝達物質のひとつである「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてくれるのです。

さらに、抗炎症作用によって肌荒れを予防し、炎症性のシミやニキビ跡を改善するなど、肌に嬉しい効果ばかり。

 

またトラネキサム酸は、抗炎症にも効果的だと言われています。

医療の現場でも幅広く処方されているため、使用したことがあるという方もいるかもしれませんね。

 

シミだけではなく肝斑にも有効

トラネキサム酸は、紫外線によって生まれるシミだけではなく、肝斑にも有効です。

加齢と共に発症する肝斑ですが、原因のひとつは先ほど挙げた「メラノサイト」の活性化です。

メラノサイトを活性化させ、肝斑を発症させているのがタンパク質を分解する「プラスミン」という酵素。

トラネキサム酸の抗プラスミン作用がメラノサイトの活性化を抑制し、肝斑やシミを大元から予防してくれるのです。

0623_02

シミや肝斑を薄くするだけではなく、肌荒れ予防にも効果的と、美肌に嬉しい効果ばかりのトラネキサム酸。

美白の救世主と言われているのもうなずけます。 ふだんのスキンケアにとりいれやすい、トラネキサム酸配合の美容液などからお使いになるのもおすすめです。

(肌悩み相談室編集部)

 

>こちらもCHECK!

hada_160826_2

hada_160722

hada_160715_2

hada_160613

hada_160613_2

WRITER: 肌悩み相談室編集部
SHARE:
Twitter
Facebook
LINE