1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. 30~40代で急増する「肝斑」って? 原因と対策方法

30~40代で急増する「肝斑」って? 原因と対策方法

DATE:
2016.06.13
CATEGORY:
SHARE:
Twitter
Facebook
LINE

年を重ねるごとに気になってくるのが、お顔に現れるシミですよね。

若い頃は日焼けをしてシミができてしまっても、タップリとビタミンCをとって休めばすぐにキレイになったのに、30代を過ぎるとなかなかそうはいってくれません。

30代以降の女性のお顔にできる大きなシミ=肝斑は、顔全体の色をくすませて、一気に年を取った印象を与えてしまいます。

肝斑ができる原因をよく理解しながらお肌の状態の改善を目指すポイントを、肌悩み相談室編集部よりご紹介します。

0526_01

女性のお肌に肝斑ができる原因は?

肝斑とは30~40代の女性を中心に現れる、広範囲にわたってできる薄茶色のシミのことです。普通のシミとは違い、頬や額、鼻の下などに左右対称に現れるという特徴があります。

一般的に肝斑は、次の3つの原因によってできると言われています。

 

  1. ホルモンバランスの乱れ

加齢によりホルモンバランスが崩れ、シミの原因となるメラニン色素の生成を活発化させる黄体ホルモンが優位になることから、シミができやすくなります。

 

  1. 紫外線などの外部からの刺激

メラニン色素の発生を活発にさせる紫外線や、洗顔・マッサージの際の強い摩擦等の刺激によってシミが発生し、そのシミの色が濃くなることで目立つように。

 

  1. 過剰なストレス

過剰なストレスを受けることでホルモンバランスが乱れ、シミができやすくなります。

 

通常のシミの主な原因は紫外線ですが、肝斑はホルモンバランスなどのさまざまな原因が複雑に絡み合って発生します。原因が多い分対処方法が複雑ですので、しっかりと対策をしていきましょう。

 

肝斑を防いで若々しいお肌を維持するために

肝斑には、「トラネキサム酸」や漢方薬の服用、レーザー治療などが効果的です。

しかし、第一に考えていきたいのは治療方法ではなく「予防」です。

通常のシミと違い、肝斑の予防で大切なのは「女性ホルモンを良い状態で維持する」こと。30代からの女性の身体はとてもデリケートです。

ストレス、無理なダイエットなどによって体にかかる負担を最小限にしながら、次のポイントをしっかり守っていきましょう。

 

・女性ホルモンの代替となる大豆イソフラボンを積極的に摂取し、バランスの良い食事をとる。

・ゆっくり湯船に浸かり、身体の代謝能力をアップさせる。

・マッサージやストレッチを取り入れ、身体をリラックスさせる。

・たっぷりの睡眠で、肌の修復を助ける成長ホルモンの分泌を活性化。

・肌を荒らす原因となる喫煙・大量の飲酒を控える。

 

 

0526_02

 

生活習慣を見直すことで肝斑の発生を予防し、できてしまった肝斑のケアに努めましょう。

肝斑は体の状態が悪化すると再発する傾向があるため、油断せずに規則正しい生活を続けることが大切です。

(肌悩み相談室編集部) 

 

>こちらもCHECK!

hada_160826_2

hada_160722

hada_160715_2

hada_160623

hada_160613

WRITER: 肌悩み相談室編集部
SHARE:
Twitter
Facebook
LINE